土地/条件の悪い土地の魅力

土地/条件の悪い土地の魅力

土地/条件の悪い土地の魅力

住宅用地で一般的に「条件の良い土地」とは、平らに整地された四角形で、ある程度の広さがあるものが設計計画が行いやすい土地になります。

では、「条件の悪い土地」とはなんでしょうか?

①変形地

土地/条件の悪い土地の魅力

上図のように変形した土地です。三角形や台形の土地も変形地に含まれます。

建物のラインは基本的に直線や直角ですので、基本的な四角い家の形で計画すると、敷地にデットスペースができてしまいます。

逆に土地に合わせて建物を計画すると建物の形に影響が出てしまいます。

しかし、建物の形に個性を持ちたい方には、このような土地が世界に一つしかない家を生み出す魅力的な土地に変わるかもしれません。

②旗竿地

土地/条件の悪い土地の魅力

道路(公道)に接する出入口部分が細い通路上の敷地になっていて、その奥に家の敷地がある形状の土地 です。

形が竿のついた旗に似ていることからこう呼ばれています。

周囲を家に囲まれていることが多いので、採光や通風に期待が出来ないことがあります。

また通路部分を駐車スペースとする場合、幅がギリギリだったり、車が縦列でしか停められない等の不便さがあります。

しかし、奥まった敷地の為、道路からの音や人の視線が遮られ、プライバシーの確保がしやすいというメリットがあります。

③狭小地

土地/条件の悪い土地の魅力

その名の通り非常に小さい土地です。一般的に15坪以下の狭い土地を示します。この土地に見合う小さい家しか建てられません。これがデメリットです。

しかし、狭小地の最大の魅力は土地の安さです。土地の費用を抑え、建物に費用を掛ける事が出来るので小さくても上質な家を建てることが可能です。

最近は狭小住宅も珍しくなく、小さいスペースでも快適な生活空間を確保できる事例の家が多くあります。

条件の悪い土地ならではの魅力があります

このほかにも木造住宅の密集して立っている密集地・斜面にある傾斜地・建築規則の厳しい土地等があります。

これらの土地はクセがありますが、最大のメリットは四角形の整地に比べ、土地の価格が控えめなところです。その分建物に費用を注ぐ事ができます。

そして、クセ=個性と捉えることで他にはない魅力的な家になる可能性も秘めています。

住宅を設計する上でも、このような個性的な土地であればあるほど設計者はワクワクとした気持ちで挑む事もあります。土地からの挑戦状を受け取るような感覚に近いかもしれません。

一般的には「条件の悪い土地」であっても、希望を捨てずにプロの設計士に依頼をすることで想像もしなかった魅力的な住宅が手に入るかもしれません。

clastaでは 提携している不動産業者がありますので、土地からのご紹介もさせて頂きます。土地探しに迷われている方や、まだ何も決まっていない方でもお気軽にご相談下さい。


clastalogo

千葉県船橋市の建築設計事務所clasta

住宅・店舗の新築・リフォーム・リノベーションの設計・デザイン・監理・施工を一貫して請け負います。

お客さまの予算・要望をお伺いし、敷地条件や使い勝手、機能性、デザイン等を考えた満足度の高い住空間・商業空間を目指しております。

お気軽にお問い合わせください 。

友だち追加