外観パース

自邸プラン

自邸プランニング(1F)

  • 来客が気軽に過ごせるように土間仕上げとし、下足のまま飲食が出来る様に計画。
  • 玄関、ダイニング、中庭を土間で繋ぐことで、視線の抜けと下足のまま行き来出来る導線を確保。
  • キッチンも土間で繋げることで、使いやすいよう家事導線に配慮。
  • LDKはL字型で計画することで、玄関からの視線を遮りつつ繋がりのある開放的な空間となるよう工夫。
  • リビングのサッシ部分はウィンドウベンチとし、 壁や天井、サッシに囲われた落ち着ける空間を計画。
  • 中庭は壁で囲み、上部は屋根のない吹き抜けとすることで隣地からの視線は遮りながらも、明るく開放的なプライベート空間とする。
  • 風呂・洗面は2階に配置し、洗濯導線を2階で完結出来るようにし、1階のLDKにゆとりを持たせた空間とした。

土間ダイニング

土間からダイニング・中庭を見る位置のパース。ダイニングテーブルの奥にはキッチン、中庭越しの窓に見えるのがリビング。L字の間取りとすることで、緩やかにプライベートゾーン(リビング)とパブリックゾーン(ダイニング)を仕切っている。

中庭と土間ダイニングは下足のままで出入り出来るように計画。

中庭の外壁は光をよく反射・拡散させる白としている。

天井や壁の色や素材は検討中。

ダイニングテーブルを配置した様子
ダイニングテーブル無しの土間ダイニング空間

リビング

キッチンからリビングを見た位置のパース。窓辺には小上がりのようなウィンドウベンチを配置。天井高を抑え、囲まれた籠れるような空間としつつ、壁側にはリビング収納を確保している。座ったり、寝転んだり、床座中心の生活を考え、ソファーは置かずに家族でゆったり過ごせるように計画。

外観

外観にはガルバリウム鋼板を使用。外壁のメンテナンス性を考え、色はブラック。無機質になりすぎないよう、ガレージの入り口にはレッドシダーを使用。

防犯性・耐候性・コストを考慮し、外周部のサッシは極力最小限に抑えている。

writer / y.k

設計・監理 株式会社clasta / 施工 協力業者


clastalogo

千葉県船橋市の建築設計事務所clasta

住宅・店舗の新築・リフォーム・リノベーションの設計・デザイン・監理・施工を一貫して請け負います。

お客さまの予算・要望をお伺いし、敷地条件や使い勝手、機能性、デザイン等を考えた満足度の高い住空間・商業空間を目指しております。

お気軽にお問い合わせください 。