内装工事「床の塗装」/自邸

1階のダイニングキッチン、そして中庭は土間コンクリート塗装仕上げとしました。

自邸プラン(1階)

マスキングテープやマスカーを使用し養生を行います。

次にシーラーと呼ばれる下塗り材を塗装し、モルタル(土間)の表面を固めて塗料の吸い込みを抑えます。

シーラーが乾燥したら塗装をします。土間は床用の油性の塗料を使用。防水、防汚にも配慮しました。

壁や天井の塗装に比べ養生の手間が少なく、高所の作業もない為一人でも容易に行えます。

ダイニングの塗装後

コンクリートは乾燥収縮によりクラックが入りやすく、表面も汚れやシミが出来やすい素材になります。塗装を施す事で表面を保護し、汚れやシミ等を付着しにくくします。

素地仕上げは、味が出やすく雰囲気のある仕上げになりますが、汚れが気になる方は今回のように塗装で仕上げる事を推奨します。

塗装にも色々種類があり、今回のように塗り潰す仕上げや、クリア塗装のように艶のある透明な塗膜で保護する仕上げもあります。

使用箇所や目的、予算によって仕上げ方法を選定する事が重要になります。

writer / y.k

設計・監理/ 施工 株式会社clasta


clastalogo

千葉県船橋市の建築設計事務所clasta

住宅・店舗の新築・リフォーム・リノベーションの設計・デザイン・監理・施工を一貫して請け負います。

お客さまの予算・要望をお伺いし、敷地条件や使い勝手、機能性、デザイン等を考えた満足度の高い住空間・商業空間を目指しております。

お気軽にお問い合わせください 。